2016年 グッドデザイン賞 受賞!!!

杉ハウス/松ハウス

 

山々に囲まれた小さな村の為の村営住宅の計画である

 

林業として栄えた地域であり、周辺には、杉、桧、唐松、赤松等多くの木があり、それらの地域材を利用して、地域の方が住める小さな住宅をデザインしました

 

建物の形状と間取りは単純な家型とし、地域にある、杉や松、桧材を仕上げ材としてデザインする事で、建物に色々な表情がうまれます

 

杉ハウスの外壁は、こけら葺きとして、杉の持つ赤みと白身が模様として現れる様に納めました

 

松ハウスの外壁は、狂い易いという赤松の特徴に配慮して、材料の無駄なく挽いた、ランダムな細い幅の材を納める事で、松材の独特の柔らかい表情が現れる様にしました

 

地域デザインの建物が評価された事が嬉しい限りです

 

[審査員のコメント]

地域の産業、文化を象徴する素材を用いた住宅。村営という公共住宅ながら、どこかユーモラスで愛らしいデザインを施し、同時にこの土地のアイデンティティを表現しようとしている点が評価された。