大地のめぐみで建築をつくる

 

なかなか更新できずにいたけれど


季節は緑陰がとても気持ちがよい季節になりました


少しずつ長野の行く機会が増え、少し余裕ができたので


諏訪市にある神長管守谷を訪れました


屋根材は長野で豊富にとれる鉄平石、


木板の外壁は椹(さわら)


土壁風の外壁に周辺の緑と空がとても合っていました


自然素材は時間が経過する程に味わい深くなります


いつか自然素材をふんだんに使用して住宅をつくりたい!!


そんな住宅をつくりたい方、お待ちしております~