明治の擬洋風建築が現存している事

甲州市勝沼に今も現存する

旧田中銀行博物館

明治30年頃に郵便局として建設された藤村式建築

山梨では当時の今で言う知事の藤村紫郎にちなんで

この時代に建設された擬洋風建築を「藤村式」と呼ぶ

 

とても粋なマダム

貴重な当時のレコードを

手回しの蓄音機で堪能

 

そういえば、生で聞く蓄音機は初めてかも

 

レトロという言葉で片付けてはいけないのだけど、

どんなにお金をかけて内装を創っても

時間をかけて醸し出してきたこの風合いの空間は創造りだせない

 

 

イギリス積みの貴重なタイルを存分に使用した

タイル積みの蔵

 

隣接する大きな蚕の古民家は

予算の都合で左官の壁の修復ができず

やむなく新建材での仕上げになってしまった、

 

蔵を修復して甲州市がギャラリーとして管理する事はできないのだろうか。

美唄のアルテピアツアの様に

素敵な作家の作品にふれられる機会があったらと思う